【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成27年5月        

5月17日「手づくりソーセージ教室」を開催しました!
会場の様子
会場の様子2
     
  完成したソーセージ   

公益財団法人盛岡地域地場産業振興センターは5/17(日)に紫波フルーツパークの新山さんを講師にお迎えし、手づくり講座「手づくりソーセージ教室」を開催しました。

 ひき肉1.2kgを3人一組になり、こねる作業から行います。こねる際も体温でお肉に熱が伝わっていくので、氷で冷やしながらの作業。たまねぎやにんにくなども混ぜ一通りこね終わったら、ソーセージづくりの醍醐味である羊の腸にお肉を絞る作業です。

空気が入ってしまうと、ゆでたときに破裂してしまうので、みなさん手慣れた手つきでどんどん絞っていきます。

絞ったあとは70℃前後のお湯でボイルして加熱処理。試食もあるので試食分はフライパンで焼き上げます。焼き上げたソーセージからもナツメグやたまねぎなどの薫りがして、とてもおいしそうでした。

また、防腐剤など添加物の入っていないヘルシーなソーセージになっているので、当日中のお召し上がりをお願いいたしました。

1人あたり400gのソーセージは意外とボリュームもあり、夕飯のおかずにはぴったりだったのではないでしょうか。

 今回、手づくりソーセージ教室にご参加いただいたみなさまにはお礼を申し上げます。

今年度も手づくり講座はあと全9回あります。次回は6月21日(日)の韓国料理教室で好評受付中ですので、皆様のお申込みをお待ちしております。

 


戻る