【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成24年7月        

7/22 昔し語りの集いが南部曲り家で開催されました。
昔語りの様子

7月22日(日)14時より、盛岡手づくり村の南部曲り家にて「昔語りの集い」が開催されました。

雫石町の語り部、上野秀子さんをお招きして開催された今回は、語りのほかに絵本の読み聞かせや紙芝居も行われ、会場に訪れた方々が熱心に耳を傾けていました。

民話の最後に使う言葉として「どんと晴れ(めでたしめでたしの意味)」がよく知られていますが、雫石地方では同じ意味で「どっと晴れ」という言葉を使うそうです。

南部曲り家の囲炉裏を囲み、やわらかい方言で語られるお話は、なんとも心地よく癒しの空間となっていました。

今回のお話し

絵本の読み聞かせ「ふるやのもり」

紙芝居「せんとごせ」

語り「ろくまんじゅうとこぞうさん」「おやまの話し」

次回の「昔語りの集い」は、9月9日(日)14時からの開催を予定しております。

今回とはまた別のお話をしてくださるそうですので、楽しみにしていてくださいね!



戻る