【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成25年1月        

1/10〜16 「みちのく盛岡の名品と観光展」に出展しました。
人気fだったお茶餅の実演コーナー
出展ブースの様子

1月10日から16日までの7日間、北海道札幌市のさっぽろ東急百貨店にて開催されました「第4回みちのく盛岡の名品と観光展」に出展しました。

今回で第4回を迎える盛岡の物産展。去年と同じく、今年も盛岡の三大麺「盛岡冷麺」じゃじゃ麺」「わんこそば」を出展し、開店直後から大賑わいでした。

盛岡手づくり村は第1回目からこの物産展に出展させていただき、冷麺や南部煎餅、手づくり盛岡駄菓子などを中心に盛岡の地場産品をご紹介していますが、今回初めて!名物お茶餅の実演販売を行いました。

手づくり村内菓子工房の職人さんが、1本1本丁寧に心を込めて焼いたお茶餅。事前に広告に載せていただき、たくさんのお客様に興味を持っていただけたようです。

また11日には、北海道放送(HBC)「今日ドキッ!」の生中継コーナーでお茶餅を取り上げていただいたこともあり、「今日はこれを目当てに来たのよ〜」と言っていただくこともしばしば。当初の予定の3倍以上を販売し、大好評でした。

そのほか、試食販売で出来立てあつあつのひっつみをご紹介しました。

冬にぴったり、盛岡の郷土料理に札幌の皆さんは興味津々。つるっとしてもっちりとした独特の食感に、「おいしいね!」とのお声をいただくことができました。

こちらも大人気で、会期中にリピート購入される方もいらっしゃいました。

また今回は盛岡の地域資源として栽培されている「アロニア」のジャムやドリンクもご紹介しました。

アロニアの果実にはブルーベリーの約3倍のアントシアニンなどたくさんの栄養素が含まれていますが、強い渋みがあるため主に加工品として販売されています。

北海道でもアロニアが栽培されているということもあり、むしろ盛岡よりアロニアの名前を知っている方が多く見られたような気がします。

また、自分なりのおススメの食べ方・飲み方をご紹介することで、アロニアという果実をもっと身近に感じていただけたと思います。

今回は前回にも増して大盛況だった「第4回みちのく盛岡の名品と観光展」。これからもお客様のご要望を取り入れ、さらに盛り上がる催事となるよう、微力ながら頑張っていきたいと思っています。


戻る