【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成24年11月        

11/25・26 「岩手の布土ファッションショー」を開催しました。
紫根染め
地熱蒸気染め
藍染め
ホームスパン

1125日(日)11時、13時、15時の3回盛岡手づくり村の地場産業振興センターで、1126日(月)15時から1回ホテル紫苑で「岩手の布土ファッションショー」を開催しました。

このファッションショーは、盛岡市、盛岡手づくり村の地場産業振興センターが主催し、いわてそめ・おりネットワーク(拒錘堂、巨屋たきうら、鰍ンちのくあかね会、樺n熱染色研究所)様のご協力を得て開催したものです。

今回は昔から当地方に特産されて来た南部紫染・南部茜染染めの他、神秘的で深みがありJAPAN BLUEとも呼ばれる藍染めや明治時代に英国人宣教師によって伝えられたというホームスパン、地熱をつかい八幡平の自然の色彩を表現した地熱蒸気染染など、岩手の地に根ざしこだわりの手仕事によって生み出された染織作品の数々をご紹介いただきました。


 4回の公演でしたが全て用意していた座席に座りきれない程たくさんのお客様に来ていただき、モデルさんの動きと音楽や照明が織り成す演出に、訪れたお客様からはため息や拍手が沸き起こっていました。身近で見るショーは迫力があり本当に素晴らしいものでした。


2日間の公演には延べ306名のお客様にお越しいただきました。


今回のファッションショーを開催するにあたり、ご協力くださいました各関係者の皆様、そしてご来場下さいましたお客様に深く感謝いたします。


戻る