【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成23年6月        

チャグチャグ馬っこ記念行事が開催されました
綺麗に飾られた馬っこ
癒された一日でした。
6月12日(日)盛岡手づくり村の地場産業振興センターでは盛岡の夏の風物詩「チャグチャグ馬っこ」記念行事が行われました。

豪華な美しい装束で飾った馬1頭が広場でお客様達と記念撮影会などのふれあいイベントを行いました。

南部曲り家ではチャグチャグ馬っこに関連する木工製品の展示紹介コーナーも設置され、イベントに彩りを添えていました。

チャグチャグ馬っことは、農耕馬を大切にするこの地域ならでは催事で毎年6月の第2日曜日に約100頭の綺麗飾られた馬が滝沢村の馬を祭る神社から盛岡市内までパレードが行われます。

馬が歩くたびに装束に付いている鈴が「チャング、チャング」と鳴り響くことから「チャグチャグ馬っこ」と名付けられたのです。

なぜかチャグチャグ馬っこの当日は晴れることで有名で、朝に雨が降っていてもパレードが始まると本当に晴れてしまう不思議な行事なのです。

初めて見る大きな馬にビックリする子供達や以外とおとなしい馬の性格に感心する大人達がとても印象に残りました。

綺麗な装束の値段が○○百万円と聞いてみなさん本当に驚いていました。

パレードを見逃したお客様や毎年業務で見ることができないスタッフには心癒される一日となりました。

戻る