【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成23年11月        

11/13 岩手の布土ファッションショーが開催されました。
観客を魅了したモデルさんたち!
地場の染め物をつかった華麗なファッション!
フィナーレの様子!

11月13日(日)11時、13時、15時〜の3回「盛岡手づくり村開業25周年記念岩手の布土ファッションショー〜復興への願いを込めて〜」が開催されました。

このファッションショーは、盛岡手づくり村25周年の記念行事として盛岡手づくり村の地場産業振興センターが主催し、いわてそめ・おりネットワーク(拒錘堂、巨屋たきうら、鰍ンちのくあかね会、樺n熱染色研究所)様のご協力を得て開催したものです。

紫根染、藍染、ホームスパン、地熱蒸気染など、岩手の地に根ざしこだわりの手仕事によって生み出された染織作品の数々をご紹介いただきました。

3回の公演でしたが全て用意していた座席に座りきれない程たくさんのお客様に来ていただき、モデルさんの動きと音楽や照明が織り成す演出に、訪れたお客様からはため息や拍手が沸き起こっていました。身近で見るショーは迫力があり本当に素晴らしいものでした。

また今回は、東日本大震災の一日も早い復興を願い、会場入り口に募金箱を設置し来場したお客様へご協力をお願いしました。集まった募金は後日東日本大震災の義援金として、岩手県へ寄付させていただきます。

今回のファッションショーを開催するにあたり、ご協力くださいました各関係者の皆様、そしてご来場下さいましたお客様、募金へのご協力をいただきました皆様に深く感謝いたします。



戻る