【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成23年4月        

新年度「震災に負けず盛岡手づくり村もがんばります!」
3月11日(金)全国が驚愕する大震災が東北地方を襲いました。

当時は盛岡手づくり村も通常営業中でしたが、14時46分スタッフの携帯電話の緊急地震速報のアラームがけたたましく鳴り響きました。

「大きな地震がくるぞ」の声に身構えたところ徐々に揺れがやってきて今まで経験したことがないような大きな揺れがやってきました。

お土産館にいらしたお客様や工房見学中のお客様も無事に避難ができ、スタッフも全員外へ退避しましたが、その強い揺れはすぐには収まらず、本当に長い時間っだたような気がしました。

施設は全部停電し、情報がまったくつかめなかったのですが、車に行ってラジオ放送を聞いたところ「大津波がくるので沿岸の方々は至急高台へ避難してください!」という緊急放送が流れていて「これはただごとではない」と思いました。

揺れが収まってから施設内を点検しましたが、大きな被害はなく吸水管に亀裂が入り水漏れを起こした程度でした。

それから数日ガソリンの供給不足、ライフラインのストップとスタッフにも被害あり通常の営業に戻るには時間がかかりました。

現在はなんとか営業を通常通りに行っていますが、被害を受けた地場産業者の方々も多く販売商品が納品されない状況が現在でも続いています。

これからは大震災の風評被害が大きくのしかかってくると思われます。

当然お客様の足は現在遠ざかっておりますが、ここ数日は少しづつではありますが家族連れでお越し下さる姿が見受けられ、とてもうれしい気持ちになっています。

インターネットショップはお土産館で正味期限の近づいた商品を詰め合わせた「復興袋」を掲載したところ応援してくれる全国の方々から応援メッセージ付きで注文を沢山いただき、人の温かさに感動させられました。

「応援してくれる方々が全国にいる!!」私たち盛岡手づくり村スタッフ一同はこれを力に元気を出してがんばって行こうと誓い合いました。そして内陸から元気になって沿岸の方々を支援して行こうと考えています。

どうぞ全国のみなさまよろしくお願いいたします。


<ホームページはこちらから>

<インターネットショップはこちらから>


戻る