【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成22年7月        

7月9日 第59回東北地区高等学校PTA連合会盛岡大会へ出展
出展の様子!
人気は盛岡冷麺でした!

79日(金)盛岡市民ホール(マリオス)において、東北各県から、約1,800名の先生方、PTAの皆様が集まり、「豊かな心を持ち、たくましく生きる高校生を育成しよう」をスローガンに盛大に開催されました。

盛岡手づくり村は、各県からお越しになる大勢の皆さんに、岩手の地場産品を広くPRするため、会場ロビーに特設販売スペースを設けていただき、積極的な販売を行って来ました。

出展商品は、盛岡三大麺、南部煎餅、盛岡駄菓子、菓子、三陸名産海産物、岩手のご当地カレー、はちみつ…など。

また、社会福祉事業団から依頼され、授産施設で作ったお菓子やコーヒーも販売しました。

人気ナンバー1は、盛岡冷麺。

今回の盛岡大会を記念して、特別提供品をご用意したところ、飛ぶような売れ行きにスタッフもビックリ! おかげさまで完売となりました。

人気ナンバー2は、南部煎餅。

特に売れたのが、昔ながらの「ごま煎餅」。試食をして確かめて、「旨い!」と買っていただきました。最近はクッキータイプの厚焼き煎餅が人気なのですが、今大会では、かめばかむほど味が出る「ごま煎餅」が完売となりました。

人気ナンバー3は、「ゆべし」。

しょうゆ味でくるみが入った「ゆべし」は、あっという間に試食がなくなるほどの人気でした。

大会は4時で終了。来年は宮城県仙台市を会場として開催されるそうです。

来年開催の事務局の方に、とても“充実した販売コーナー”とお褒めをいただき、どのようにして商品を集めたのかなど質問攻めに合ってしまいました。

1日限りの大会でしたが、売り上げ目標を大きく上回り、土産品製造業者の皆さんにも感謝された充実した外販となりました。

東北地区高等学校PTA連合会事務局の皆さん、このような機会を与えていただきありがとうございました。


戻る