【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成22年5月        

オストメイト対応型トイレを設置いたしました!
完成したオストメイト対応型トイレ」
トイレ入り口のステッカー

膀胱・直腸機能障害によりオストメイト対応型トイレを必要とするオストミーの方の人数は全国で15万人以上と言われています。

しかし、手づくり村周辺の観光施設には現在本トイレが設置されていない状況です。

盛岡手づくり村では、こうした機能障害をお持ちの方々にも不自由なく観光を楽しんでいただくことを目的として社団法人日本オストミー協会が推奨する人工肛門・人工膀胱温水洗浄システム「パウチクリーン」を活用したオストメイト対応型トイレを設置しました。

今回設置した機械はパウチクリーンというもので、以下のような特徴があります。

・お湯の使用により汚れを強力に落とし、洗浄時間も短縮  できます。
・38度の定温設定で、面倒な操作はありません。

・パイプが自在に動かせますので、楽な姿勢で洗浄が可能 です。

・ワンピースの方でも安心して洗浄が行えます。

・ペダル式なので使用が簡単です。

この事業を機会に盛岡手づくり村や周辺観光地を全国のオストミーのみなさまに安心して楽しんでいただければと考えております。

設置にあたっては盛岡手づくり村を運営する財団法人盛岡地域地場産業振興センター、協同組合盛岡手づくり村、盛岡市の三者が設置費用を負担しあいました。


戻る