【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成22年3月        

3月12日岩手大学生のワークショップ開催!!
学生さんはちょっと緊張の様子です!!
職人さんから様々質問が出されました!

3月12日(金)盛岡手づくり村の地場産業振興センター研修室において、岩手大学学生さんたちによる「盛岡手づくり村再生プロジェク」というワークショップが開催されました。

ピーク時に年間100万人もの来場者を誇っていた盛岡手づくり村がバブル経済崩壊後からの景気の低迷により、入場者数が減少していることを題材に「いかにして若者を盛岡手づくり村に誘致するか!!」ということがテーマです。

今回は学生さん6名がチームを組んで約半年間調査を行ったもので、とても参考なる意見や提案が出されました。

まず、第一には現存する2つの公式ホームページを1本化し、お客様を混乱させないようにとの提案がありました。

次には、入り口がとても寂しい感じなのでもっと華やかにしてお客様がワクワクするような演出が必要なんだという提案が出されました。

2続いて施設の名称や体験の看板の内容がとても堅いイメージがあるので、もっとお客様の立場になった名称に変更するべきとの提案が出されました。

最後には職人さんも含めた手づくり村スタッフ全ての接客について様々な意見が出されました。

今回いただいた意見は謙虚に受け入れ、今後若い方々にも愛される手づくり村づくりをしていこうとスタッフ全員で確認をしあいました。貴重なご提案もできる限り実施していきたいと考えています。

若い方々の斬新な提案や日頃抱いている盛岡手づくり村のイメージなどが良くわかりとても有意義なワークショップだったと思います。


戻る


2月28日野菜ソムリエ料理講習会開催!