【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成21年8月        

 盛岡手づくり村夏まつりが開催されました!
人気の特別体験教室
スイカの種とばし大会の様子
なつかしい「タングツ」の飛ばし大会
8月13日から15日までの3日間、盛岡手づくり村では恒例の「盛岡手づくり村夏まつり」が開催されました。

このイベントは、お盆期間に県外から帰盛されるお客様に楽しんでいただこうと毎年開催しているもので今年も大にぎわいでした。

中でも特に人気なのが「夏休み特別企画工作教室」です。
普段盛岡手づくり村では行っていない、針金細工やまゆ細工、こけしの絵付けやネームプレートづくりなどが行われ、このさい遊びながら夏休みの工作の宿題を片づけちゃいましょうという親子づれがとても多かったのが印象的でした。

親子で協力して作品を作っている姿はとてもほのぼのしていて心がなごみました。

広場では地鶏の焼き鳥やオムライス、アイスクリンなど盛岡のおいしいものが食べられる「屋台コーナー」があって、お昼時には長蛇の列ができていました。

本物の馬が引いてくれる観光馬車の運行も大人気で、大きな農耕馬を目の当たりにして、チビッコたちは目をまるくして驚いていました。しかし馬車に乗ると急に笑顔に変わり楽しそうに運行を楽しんでいました。なんと最後には馬の体や顔にふれてみるチビッコまであらわていました。

スケージでは野菜ソムリエの先生と手づくり村のアイドル「ナンブ・ジェラリーノ君」による「野菜大好きショー」も行われ、野菜大好き〜野菜大好き〜と元気な子供たちの声が響き渡りました。
野菜に関するクイズ大会も行われ、子供たちの珍回答に会場は笑いの渦となりました。

その他、かき氷の早くいコンテストやくじびき、お買いあげ抽選会なども行われ、この3日間に約2万人のお客様にお越しいただきました。

盛岡手づくり村ではお客さまからのご要望もあり、より長く楽しんでいただくため7月26日から8月26日までの1ケ月間通常の営業時間を1時間延長しました。

イベント期間もイベントを楽しんだ後に、ゆっくりとお買い物をされるお客様でにぎわいました。





戻る