【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成20年5月        

 盛岡手づくり村春まつり【晴天の下にぎやかに】
盛り上がった「ナンブジェラリーショー」
ホルモン鍋などおいしいものが沢山

5月3日から5日の3日間、毎年恒例の「盛岡手づくり村春まつり」を開催しました。

催し物広場では、アロニアそば、ホルモン鍋、フランクフルト、昔なつかしい“あいすくりん”等が出展。中でもイワナのつかみ取りが楽しめるイワナの塩焼きが子供たちに大人気でした。

また、南部曲り家の手づくり体験コーナーでは繭細工、こけしやこまの絵付け、ビー玉細工、針金細工など、普段の手づくり村には無い春まつり限定の体験メニューも多数の親子連れで賑わいました。

イベント特設ステージでは、盛岡手づくり村のオリジナルアイス“なんじぇら?”オリジナルソングの発表を兼ねたステージショーを今回初めて公開。“なんじぇら?”キャラクターのナンブ・ジェラリーノは小さな子供達とステージ上で歌って踊っての大活躍でした。

その他、ステージイベントでは、盛岡出身のマリンバ奏者を含むパーカッションユニット「オムトン」や、盛岡を代表する郷土芸能「黒川田植え踊り」などを披露。

今回は晴天にみまわれ、陽気に誘われた多くのお客様でにぎわいました。いつもなら、この時期特有の強風と、冬に戻ったんじゃないか?と思うような寒さで苦慮するのですが、そんな心配はまったくなく、最高の状況でおまつりが行えました。

好天に恵まれた盛岡手づくり村春まつりは、3日間でのべ25,000人の来場者で賑わいました。


戻る