【盛岡地域地場産業振興センターだより】平成20年5月        

 展示資料室入場者100万目達成!
さあ、この中から100万人目が?
100万目の展示資料室入場者(柴田宏美さん)

2008年5月5日盛岡手づくり村(財団法人盛岡地域地場産業振興センター内)の展示資料室に入場者100面人目のお客様をお迎えすることができました。
昭和61年5月に盛岡手づくり村が開業以来22年目での達成です。

今回めでたく100万人目となった方は岩手町出身の会社員柴田宏美さん(27)です。
柴田さんは現在は千葉県浦安市にお住まいですがゴールデンウイークでご実家に帰ってきて、たまたま雫石や盛岡市を周遊する定期観光バスで来場したとのことでした。

振興センターの鈴木英男事務局長から先日発売したばかりのオリジナルエコバックに沢山のアロニア製品を詰めた記念を贈られて「記念すべき100万人目になったなんて本当にうれしいです」と笑顔を見せてくれました。

盛岡手づくり村の振興センター2階にある展示資料室には地場産業の歴史や製造工程などをDVDやパネルで知ることができる他、江戸時代につくられた今では値段もつけられないという貴重な南部鉄瓶などが展示されていて、小学校の授業の取り組みの一環として生徒たちが見学に見えたりしています。

また、工房で何の作業をしているのか解らないので資料室で勉強したという観光客などもいて、盛岡地域の地場産業を知るにはとても便利なところでもあります。

盛岡手づくり村で唯一入場料金がかかる場所ですが、小学生以上は100円、団体20名以上になると1人80円と安価な料金で入場することができます。

盛岡手づくり村にいらしたら、、どうか一度展示資料室をご覧下さい。

もっともっと盛岡地域の地場産業を理解することができますよ!


戻る